KABASHIMA CLINICかばしまクリニック075-746-2739

御予約お問合せはこちら 受付時間/11:00-17:00
075-746-2739

鼻中隔延長

鼻中隔延長

鼻中隔延長とは

鼻中隔延長とは、鼻の付け根から先端までの間が短い鼻や上向きの鼻(ブタ鼻)を改善する治療です。
具体的には鼻中隔と鼻翼軟骨の間に耳介軟骨または肘軟骨移植(バストのアンダー位置から採取)を行い、鼻先を下に下げる、鼻を伸ばす手術です。
元々鼻が上を向いた方、普通にしていても鼻の穴が見えてしまう方向きです。
また、鼻中隔を調整することにより、より美しくインテリジェンスな印象の鼻にすることができます。

鼻中隔とは…鼻中隔とは、鼻の左右の穴を仕切っている軟骨のことです。
これを伸ばすことにより美しい鼻の形にすることができます。

nose_2_bichukaku_3

特徴

  • 鼻の穴から治療するので傷が残らない
  • 鼻先の高さ、向きを調整することができる
  • 異物を挿入するわけではないので安全
  • 長期間、理想の鼻になる

鼻中隔延長はこんな方にオススメ

  • 上向き(ブタ鼻)・鼻先が低くてお悩みの方
  • 正面から鼻の穴が見えるのを解消したい方

かばしまクリニック施術の特徴

かばしまクリニックでは、鼻中隔延長の際に鼻筋などのバランスをみて他の治療と組み合わせてのトータル治療を提案することができます。
つまり、鼻先だけ治療しても鼻筋とのバランスが悪ければ、顔全体のバランスが悪くなります。
この技術力と優れたバランス感覚は症例数の多さから蓄積されたものです。
かばしまクリニックでは、無料カウンセリングをご用意しています。
かばしまクリニック院長があなたのご相談に丁寧にお答えします。
「どうしよう」と迷われている方、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 理想のバランス
nose_risou_1
  • 理想の角度
nose_risou_2_2

施術の流れ

鼻中隔延長は、耳介軟骨移植のように他の部位から軟骨を移植し、それを加工して鼻中隔にします。

  • 1. カウンセリングで希望の鼻の高さや現状の鼻の穴の見え方などを確認します。
  • 2. 治療方法を説明いたします。
  • 3. 採取する軟骨を決め、局所麻酔を行い採取します。
  • 4. 採取した軟骨を加工します。
  • 5. 鼻に局所麻酔を行い、軟骨を移植します。
  • 6. 治療部位を縫合し、約60分ほどで治療終了です。

施術詳細

施術の詳細、リスク・副作用、料金についてご案内いたします。

施術の詳細

施術時間 約60分
カウンセリング当日の治療 可能
入院の必要性 なし
術後の通院 1回
術後の腫れ 1~2日前後(個人差あり)
麻酔 局所麻酔
シャワー 当日より可能(患部は避ける)
メイク 当日より可能(患部は避ける)
洗顔 当日より可能(患部は避ける)
抜糸 5~7日後

リスク・副作用

  • 腫れや内出血が出る可能性があります。

料金

施術料金については患者様の状態や手術内容などによって異なる場合がございますので、カウンセリングの際にご相談下さい。

鼻中隔延長 600,000円

※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。

かばしまクリニック

〒604-0924
京都市中京区一之船入町376
CLOTOビルB1(河原町通二条下る)

診察時間

11:00~17:00

*不定休