KABASHIMA CLINICかばしまクリニック075-746-2739

御予約お問合せはこちら 受付時間/11:00-17:00
075-746-2739

あごプロテーゼ

あごプロテーゼ

あごプロテーゼとは

chin_1_prostheses.jpg

あごプロテーゼとは、あごにプロテーゼと呼ばれる人口軟骨を埋入してあごのラインを整え、美しい輪郭を形成する治療です。
特に私たち日本人はあごが低いため、顔の輪郭がはっきりせず、太っていないにもかかわらず二重あごができたり、丸顔に見えたりしてしまいます。
あごの形を整え、高さを調節することにより、上品でシャープなフェイスラインを実現します。

あごプロテーゼはこんな方にオススメ

  • 小さく、いびつな形をしたあごの方
  • 太っていないにもかかわらず、二重あごができる方
  • あごが低く、引っ込んでいる方
  • 丸顔に見えてしまう方

かばしまクリニック施術の特徴

かばしまクリニックでは、施術前に患者様一人ひとりのあごの形にプロテーゼを合わせて、1mm単位で調整していきます。
さらに施術中も微調整しながら、プロテーゼを完成させていきます。
さまざまな症例や経験をもとに患者様にとって最も美しいラインで治療を行うことができます。
かばしまクリニックでは、無料カウンセリングをご用意しています。
かばしまクリニック院長があなたのご相談に丁寧にお答えします。
「どうしよう」と迷われている方、まずはお気軽にお問い合わせください。

施術の流れ

あごプロテーゼは、歯茎と唇の根元から治療を行うため、顔の表面には全く傷がつきません。
また、溶ける糸で縫合しますので、抜糸の必要もありません。

  • 1. カウンセリングで輪郭のラインとあごの状態や骨格等を確認します。
  • 2. 治療方法を説明いたします。
  • 3. 患者様の状態に合わせて、挿入するプロテーゼを加工します。
  • 4. 局所麻酔を行います。
  • 5. あごにプロテーゼを挿入し、微調整をしていきます。
  • 6. 治療部位を溶ける糸で縫合し、約45分ほどで治療終了です。

症例写真

施術前と施術後の写真がご覧いただけます。美しく変わった患者さまをご覧ください。

chin_3_w55_s_before
あごプロテーゼ

MORE

chin_3_w55_s_after
  • chin_3_w55_l_before_1施術前
  • chin_3_w55_l_after_1施術後

  • chin_3_w55_l_before_2施術前
  • chin_3_w55_l_after_2施術後

こちらの患者様は、顎が足りないことを気にされており、それを改善する目的で顎プロテーゼを挿入しました。その結果、顔にメリハリがつき、小顔効果が出て、口周りにボリュームが出たことによってマリオネットラインも解消されています。マリオネットラインとは口から下の腹話術人形の口部分のようなシワのことを言い、かばしまクリニックでも多くの患者様がご相談に来られます。日本人は、圧倒的に顎が足りない人が多く、顔にメリハリがなかったり、フェイスラインがぼやけた感じに見えます。一度横顔を撮影し、Eライン(鼻から顎にかけてのライン)を確認してみてください。顎が足りない場合、アゴプロテーゼはとてもおすすめです。

施術詳細

施術の詳細、リスク・副作用、料金についてご案内いたします。

施術の詳細

施術時間 約45分
カウンセリング当日の治療 可能
入院の必要性 なし
術後の通院 1回
術後の腫れ 3日前後(個人差あり)
麻酔 局所麻酔
シャワー 当日より可能(患部は避ける)
メイク 当日より可能
洗顔 当日より可能(患部は避ける)
抜糸 不要(溶ける糸を使用するため)

リスク・副作用

  • 腫れや内出血が出る可能性があります。

料金

施術料金については患者様の状態や手術内容などによって異なる場合がございますので、カウンセリングの際にご相談下さい。

あごプロテーゼ 250,000円

※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。

かばしまクリニック

〒604-0924
京都市中京区一之船入町376
CLOTOビルB1(河原町通二条下る)

診察時間

11:00~17:00

*不定休