KABASHIMA CLINICかばしまクリニック075-746-2739

御予約お問合せはこちら 受付時間/11:00-17:00
075-746-2739

ほくろ除去

ほくろ除去

ほくろとは

ほくろとは、メラニン色素が集まってできた母斑(ぼはん)の一種です。
大きく膨れているもの、そばかす程度の小さなもの、生まれた頃からある先天性のほくろや、生まれてからできる後天性のほくろと様々なタイプがあります。

ほくろ除去はこんな方にオススメ

  • 最初小さかったほくろが、だんだん盛り上がって大きくなってきた方
  • ほくろが顔にたくさんあり化粧で隠せない方
  • ほくろが顔にあることで年齢より老けてみられる方
  • 気になる位置にほくろがある方
  • いぼ除去したい方

かばしまクリニック施術の特徴

かばしまクリニックでは、無料カウンセリングをご用意しています。
かばしまクリニック院長があなたのご相談に丁寧にお答えします。
「どうしよう」と迷われている方、まずはお気軽にお問い合わせください。

さらに詳しく

ほくろ除去の治療方法

外科的な方法

ほくろの症例写真大きさが5mm以上のほくろに行います。ほくろの周囲を切開し、縫合します。形状や大きさによって切開する方法も違ってきます。丸く、比較的小さなものは、円状にくり抜き、巾着状に縫合します。
長いものは、しわの霊子線に沿って切開し、目立たないように縫合します。大きなほくろで、切除すると充分に皮膚が寄らない場合、2回に分けて手術する場合もあります。切除したほくろに対して、病理検査を行うこともあります。抜糸は、約1週間後になります。

電気分解法

電気分解法電気メスの原理を応用し、熱によってほくろの細胞を焼灼します。数日後、かさぶたの形状になり、それが取れるとピンク色になり、次第に肌色に近くなります。通院の必要もなく、短時間で取ることができる方法です。

施術の流れ

  • 1. カウンセリングでほくろの大きさや凸を確認します。
  • 2. 治療方法を説明いたします。
  • 3. ほくろの部分に局所麻酔をします。
    細い針の注射ですので痛みは少ないです。
  • 4. 患者様の状態に合わせた方法でほくろを除去します。
  • 5. ほくろを除去した部分に肌色の小さなテープを貼ってお帰り頂きます。(テープの上からお化粧も可能ですので目立ちません)
    ご自宅で消毒・軟膏を塗ってケアしていただきます。
  • 6. テープは5〜7日くらいで取れ、治療終了です。
    (かさぶたが取れれば、テープをはがして頂いて大丈夫です。)
    ※外科的な方法の場合、約1週間後に抜糸が必要ですので、もう一度ご来院下さい。

症例写真

施術前と施術後の写真がご覧いただけます。美しく変わった患者さまをご覧ください。

hokuroibo_1_s_before
ほくろ除去

MORE

hokuroibo_1_s_after
  • hokuroibo_1_l_before_1施術前
  • hokuroibo_1_l_after_1施術後

  • hokuroibo_1_l_before_2施術前
  • hokuroibo_1_l_after_2施術後

こちらの患者様は別の施術でクリニックに訪れられたのですが、カウンセリングの際、お顔のほくろが気になりましたのでほくろ除去のご提案をさせていただきました。本人の希望するほくろは残すようにしており、こちらの患者様は目元のほくろを残しております。

hokuroibo_2_s_before
脂漏性角化症治療

MORE

hokuroibo_2_s_after
  • hokuroibo_2_l_before施術前
  • hokuroibo_2_l_after_1施術後
  • hokuroibo_2_l_after_2施術4ヶ月後

  • hokuroibo_2_l_before_3施術前
  • hokuroibo_2_l_after_3施術4ヶ月後

こちらの患者様は脂漏性角化症で来院されました。基本的にはほくろ除去と同じ施術方法の電気メスで削っていきます。削る際は、新皮層まで深く削ると色素沈着になるので、表皮だけを削っていきます。

hokuroibo_3_s_before
スキンタッグ
(首のイボ)除去

MORE

hokuroibo_3_s_after
  • hokuroibo_3_l_before施術前
  • hokuroibo_3_l_after施術後

かばしまクリニックではスキンタッグ(首のイボ)をさまざまな施術を組み合わせて解消します。こちらの患者様でだいたい10〜15分ほどの施術時間でした。当院では色素沈着を起こす可能性がある液体窒素は使いませんので、安心して施術していただけます。

hokuroibo_4_s_before
稗粒腫摘出

MORE

hokuroibo_4_s_after
  • hokuroibo_4_l_before施術前
  • hokuroibo_4_l_after施術後
  • hokuroibo_4_l_after_2摘出した稗粒腫

皮膚の表面付近にできる直径1〜2mmの白い老廃物(角質等)が入った袋が稗粒腫(はいりゅうしゅ・ひりゅうしゅ)です。主に目の周辺や頬、ひたいに発生します。よくご自身で除去される方がいらっしゃいますが、間違えて潰してしまうと外側の皮だけが残って再発することがあります。またきれいに表皮を剥がさないと、シミになったり傷跡が残る可能性もあります。かばしまクリニックでは、袋を潰さず、また傷跡が残らないように丁寧に施術いたします。

施術詳細

施術の詳細、リスク・副作用、料金についてご案内いたします。

料金

施術料金については患者様の状態や手術内容などによって異なる場合がございますので、カウンセリングの際にご相談下さい。

電気分解(範囲による) 10,000円
切除(範囲による) 30,000円~

※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。

かばしまクリニック

〒604-0924
京都市中京区一之船入町376
CLOTOビルB1(河原町通二条下る)

診察時間

11:00~17:00

*不定休